文字サイズ

「仙ちゃん、獲ったよ」田淵幸一氏が殿堂入り“打倒・巨人”誓い野球人生最高の栄誉

 仙ちゃん、獲ったよ-。今年の野球殿堂入りが14日、東京都内の野球殿堂博物館で発表され、競技者表彰のエキスパート表彰として阪神などで活躍し、ダイエー(現ソフトバンク)で監督を務めた田淵幸一氏(73)が選ばれた。猛虎の4番を務めた通算474発のスラッガーは、盟友で中日のエースを張った故・星野仙一氏とともに打倒・巨人を誓った秘話を明かし、受賞の喜びを語った。特別表彰では元早大監督の故・石井連蔵氏、元慶大監督の故・前田祐吉氏が選出された。プレーヤー表彰は該当者なしだった。

 優しくほほ笑みながら、田淵氏は星野氏のレリーフに手を添えた。「仙ちゃん、獲ったよ」。反骨心と盟友との強い絆で、野球人最高の栄誉を手にした。数々の功績が認められての選出。通知式では率直な思いと共に、支えてくれた人々への感謝を語った。

 「このような賞をいただけたのは、皆さん、ファンの方々、出会った監督、指導者のおかげです。(星野氏らの)同級生も後押ししてくれた」

 紆余(うよ)曲折の野球人生だった。「本当は私は巨人に行きたかったんです。もう時効ですよ。川上さんに『田淵、お前に2番を用意してやる』と言われて。1番は王さん、2番…。」と熱烈な巨人志望だったことを明かした。だが、ドラフトでは阪神が1位指名。「頭がかち割られるような感じがしました」と衝撃的だった当時を振り返った。

 悩んだ末に入団を決断。くしくも、中日から1位指名を受けた東京六大学時代からの盟友である星野氏も同じ境遇だった。「大阪に着いたら『よっしゃ、王さんの前で、長嶋さんの前で絶対に打ってやるんだ』と闘志が湧いてきた。(星野氏と)『巨人戦は絶対打てよ。絶対投げろよ』と、そういう気持ちだった」と打倒巨人を誓い合って、プロの世界へ飛び込んだ。

 宿敵へ強い思いを持った田淵氏は入団4年目から4番に定着し、ミスター・タイガースと呼ばれた。1975年には43本塁打を放ち、巨人・王の14年連続本塁打王を阻止するタイトルを獲得した。大きな壁として巨人に立ちはだかり、星野氏も中日のエースとしてチームをけん引。74年には沢村賞を獲得し、リーグ優勝に貢献した。

 一度も折れることのなかった強い思いを持ち、最後まで戦い抜いた。「山(王、長嶋)が大きすぎて無我夢中でやっていた。巨人-阪神戦で一番喜びを感じるのは、王さん、長嶋さんの前でホームランを打つことだった」と田淵氏。“G倒魂”が自らと親友を奮い立たせたように、後輩の奮起にも期待している。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス