文字サイズ

ドラ2井上、目指すは「ホームラン王」 実現すればバース以来、矢野監督も期待

 バットを手に、拳を突き上げる阪神・井上広大=大阪市内のホテル
3枚

 阪神は2日、大阪市内のホテルで新人8選手の入団発表会見を行った。同2位の井上広大外野手=履正社=は、将来的に「ホームラン王」のタイトル獲得を誓った。

 壇上に立った井上はまず、「野球人生の中で初めてタテジマのユニホームを着るので、似合っているか不安です」とあいさつ。司会者から、自分ではどう思いますか?と問われると、「似合っていると思います」と言って笑わせた。

 その後、憧れの選手に阪神の先輩となる福留孝介外野手、対戦してみたい投手に巨人の菅野智之投手を挙げた。「履正社の先輩でもある坂本選手に、スライダーでも2種類の曲がり幅があると聞いた。そういった投手と対戦してみたいです」。さらに、将来的に狙いたいタイトルを問われると、キッパリと言い切った。

 「ホームラン王です。40本以上打ちたいです!!」

 今夏の甲子園では、決勝戦でヤクルト1位の奥川恭伸投手=星稜=からホームランを放ち、日本一を決めた天性のアーチスト。過去、阪神のホームラン王となれば、1986年のランディ・バース(47本)までさかのぼる。さらに生え抜き選手となれば、1984年の掛布雅之(37)以来となる。

 力強い宣言に、矢野監督は「狙ってもらうためのドラフトですから。歴史に名を残したいというコメントもあった。40本と言わず、50本、60本。スケールも大きい選手になってほしい」とコメント。

 指揮官のエールに、井上は目標を“上方修正”。「最終的には60本目指して頑張りたいです!!」と笑わせ、壮大な夢を掲げた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス