文字サイズ

岩貞と高橋の左腕対決 共に無失点締め

2回2死、阪神・岩貞祐太は阪神・上本博紀から空振り三振を奪う=安芸(撮影・高石航平)
2枚

 「阪神紅白戦、白組-紅組」(17日、安芸市営球場)

 今キャンプ紅白戦第2ラウンドは、左腕対決からスタートした。白組先発は岩貞、紅組先発は高橋。共に無失点締めで、実りの安芸を“完結”させた。

 先にマウンドへと向かった岩貞は、2回無安打無失点の快投アピールに成功。今キャンプでは下半身の張りを訴え、一時別メニューになったが、すぐに全体練習に復帰した。休日返上練習を行うなどし、「来年はローテを狙っていく立場。死に物狂いでつかむために、日々アピールをして準備を怠らないように」と話していた。

 今キャンプのブルペンでは山本昌臨時コーチからスクリューボールの握りを教わり、投球の幅を広げるきっかけをつかんでいた。来季へとつながる24球。今季8試合のみの登板に終わった左腕が、最終実戦を笑顔で終えた。

 また一方の高橋は、ボール先行気味の制球に苦しみながらも、2回1安打無失点。大山の好捕、左翼・梅野の本塁へのバズーカなど味方に助けられ、今季最終実戦を「0点」で締めくくった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス