文字サイズ

ドラ1・西純矢 甲子園でのリベンジ誓う「借りが返せるように」奥川には対抗心

阪神1位指名が確定、がっちり手を組んで喜ぶ(左から)創志学園・谷川安弘校長、西純矢、長澤宏行野球部監督=(撮影・濱村博文記者)
3枚

 「プロ野球ドラフト会議」(17日、グランドプリンスホテル新高輪)

 阪神からドラフト1位指名を受けた創志学園の西純矢投手が、甲子園でのリベンジを誓った。

 指名確定後に岡山市の同校で会見に臨んだ西は晴れやかな表情で「甲子園で投げられる日が来るのかとすごくワクワクしている」と本拠地となる甲子園での登板に思いをはせた。さらに「去年は甲子園で負けたままで終わってる。借りが返せるような投球ができたら」とリベンジを誓った。

 2年時の2018年に出場した夏の甲子園では2回戦で下関国際に逆転負け。ただ、1回戦の創成館戦では毎回の16奪三振で4安打無四球完封勝利。2試合で18回7安打、9四死球、25三振、5失点で防御率2・00という頼もしい数字を残している。

 星稜・奥川の外れでの1位指名とあり、同級生へ強烈なライバル意識ものぞかせた。「実力的には奥川の方が上かもしれないが、試合に勝つということは別になってくる。実力がないからこそ勝てるピッチャーになりたい」とキッパリ。負けん気の強さも楽しみだ。

 矢野監督は「(阪神には)同じ西というピッチャーがもう1人います。それもタイガースファンは楽しみにしていると思います。甲子園で会えるのを楽しみにしています」とダブル西への期待を語っている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス