文字サイズ

阪神 ジョンソン、ガルシア、マルテに残留交渉へ

 阪神がピアース・ジョンソン投手(28)、オネルキ・ガルシア投手(30)、ジェフリー・マルテ内野手(28)に契約更新のオファーを出す方針であることが13日、分かった。

 ジョンソンは来日1年目からセットアッパーとして58試合で2勝3敗40ホールド、防御率1・38。来季も欠かせぬ戦力として高く評価されている。

 ガルシアは中日からの移籍1年目は6勝8敗、防御率4・69だった。マルテは負傷で出遅れたが、105試合で打率・284、12本塁打、49打点。日本に慣れた2年目はさらなる活躍が期待される。

 ラファエル・ドリス投手(31)は、契約更新が微妙な状況。また、球団は今オフに左右を問わず大砲の獲得などを目指している。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス