文字サイズ

守屋、ガルシアが粘ってつないだ 西緊急降板も魂の7人リレー!

 1回、西が降板した後、DeNA打線の後続を断つ守屋
2枚

 「セCSファーストS・第1戦、DeNA7-8阪神」(5日、横浜スタジアム)

 阪神のブルペンが動いたのは初回。先発の西が連打を浴びた。まさかの展開だ。この時点で「準備を始めていました」と守屋。西が打球を受けてベンチへ下がると急ピッチで仕上げ、マウンドへ向かった。

 3点を先制され、なお無死一、二塁。これ以上の失点は許されない場面で「いつも通りゼロで抑えることだけを考えて」と冷静に投げ込んだ。

 まずは伊藤光を右飛。続く柴田も右飛に打ち取ると、最後は石田を遊ゴロに仕留めた。大量失点となりかねない劣勢ムードの中で無失点。ベンチに戻ると西から「ありがとう」と声をかけられた。

 二回以降はガルシアが底力を発揮。虎の鉄壁救援陣にシーズン終盤から加わった助っ人左腕が、3回1安打無失点。早々の出番にも「なんとか攻撃の勢いを止めたかった。いつでも行ける準備はしている」と頼もしい。五回に島本が失点したものの、序盤の粘りがあったからこそ終盤の勝負に持ち込めた。

 7人の救援投手をつぎ込んでの逆転勝利に「ウチは行くしかない。(継投を)行けるだけ行ってみようと思っていた」と矢野監督。金村投手コーチはガルシアについて「また明日も行けそう」と救援待機を継続させる考え。リリーフ勝負となれば、負けるわけにはいかない。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス