文字サイズ

秋山まさか… ヤクルト投手・高橋に逆転の走者一掃二塁打浴びる

2回、ヤクルト・高橋奎二に逆転の3点適時二塁打を打たれ、肩を落とす阪神・秋山拓巳(中央)=甲子園(撮影・高部洋祐)
3枚

 「阪神-ヤクルト」(10日、甲子園球場)

 阪神・秋山拓巳投手が相手先発の高橋奎二投手にまさかの走者一掃の逆転二塁打を浴びた。

 初回に糸原の適時打で1点の援護をもらった秋山。直後の二回に落とし穴が待っていた。1死から雄平に二塁打を打たれると2四球で2死満塁のピンチを招く。そこで迎えたのが投手の高橋だった。

 初球128キロの甘いスライダー。これが痛恨の1球となった。完璧に捉えられ、中越え走者一掃の二塁打。一瞬にして2点を追う立場となった。

 秋山は今季ヤクルト戦には2戦2勝と相性がいい。試合前には「(2試合とも)神宮だったので、狭い球場で低めへの投球を意識できたからだと思う。風などの状況を感じながら一人一人を抑えていきたい」と気合を入れた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス