文字サイズ

矢野監督リクエストで同点のピンチを阻止 近本好返球!

7回、バレンティンの中飛でタッチアップした山田哲のセーフの判定にリクエストを要求する矢野監督(左)
3枚

 「ヤクルト-阪神」(23日、神宮球場)

 阪神・矢野燿大監督がリクエストで同点のピンチを阻止した。

 4-2の2点リードで迎えた七回。この回から登板したドリスが1死一、二塁から打席にバレンティンを置いて連続暴投。1点差に迫られた。バレ砲は中堅へのフライを放ち、三走の山田はタッチアップで本塁を狙った。中堅近本はノーバウンドでホームに好返球。際どいタイミングながら、一度はセーフの判定が下った。

 矢野監督はすかさずリクエスト。リプレー検証の結果、判定は覆り、近本の肩が山田の足を封じた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス