文字サイズ

初回の先制機を逃す マルテ、大山が好機で打てず

1回、三振に倒れ、怒りの雄叫びを上げる阪神 ジェフリー・マルテ=東京ドーム(撮影・高部洋祐)
2枚

 「巨人-阪神」(17日、東京ドーム)

 阪神が初回の好機を生かせなかった。

 この回、先頭の近本がセーフティーバントを成功させて出塁。続く北條の打席では、二盗を決めて得点圏に進んだ。

 1死二塁から福留は四球を選び、一、二塁。しかし、4番・マルテが見逃し三振に倒れると、2死満塁では大山が遊直に打ち取られて先制点を奪うことはできなかった。

 一方、守りでは初回1死走者なしから先発・西が坂本に左中間へ先制のソロを被弾。痛恨の一撃で試合の主導権を握られた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス