文字サイズ

ソラーテの中犠飛で先制 初2番の木浪が口火切る

 1回、ソラーテの中飛で本塁へヘッドスライディングで生還する木浪(撮影・棚橋慶太)
3枚

 「巨人-阪神」(16日、東京ドーム)

 阪神が初回、ソラーテの中犠飛で先制点を挙げた。

 この回、1死から木浪が右前打で出塁。今季初めて2番に座ったルーキーが口火を切ると、続く福留も右前打でつないだ。今季、東京ドームの打率は・520。巨人の先発・桜井に対して、4打数3安打1本塁打と好相性を誇るベテラン。相性通りの結果でチャンスメークした。

 さらに4番のマルテはフルカウントから四球を選んで1死満塁。ソラーテにつないだ。前回、7月26日の対戦では昇格即決勝2ランを放つなど、イメージの良い球場。1-1からの3球目をきっちりと打ち上げ、三走・木浪は頭から先制ホームに滑り込んだ。

 ソラーテは7日のヤクルト戦(神宮)以来、8試合ぶりに打点をマーク。「先制のチャンスだったし、バットをコントロールして、しっかりコンタクトすることを意識して、アグレッシブに打ちに行こうと思っていたよ。初回から1点取ることができてよかったね」と振り返った。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス