文字サイズ

ガルシア 先制点もらうもすぐに逆転許す 苦しいスタート

 1回、福田に勝ち越しとなる適時打を浴び、マウンドで何事かつぶやくガルシア(左)(撮影・北村雅宏)
3枚

 「中日-阪神」(12日、ナゴヤドーム)

 阪神の先発・ガルシアが立ち上がりに乱れて逆転を許した。

 打線は初回に福留の適時二塁打でさい先よく先制。しかし、ガルシアが一回からぴりっとしない。

 先頭・平田に打ち取った当たりを三塁内野安打とされると、1死後にアルモンテに左前打を許して1死一、二塁とされた。続くビシエドは三遊間を破る同点適時打。さらに2死一、二塁では、福田に中前へ勝ち越し適時打を許した。

 ガルシアは6月2日・広島戦で2勝目を挙げて以降9試合も白星がなく、3連敗中。71日ぶりの白星を目指して古巣に挑んでいるが、苦しいスタートとなった。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス