文字サイズ

梅野の適時打で反撃も…満塁で糸原、原口が連続三振

6回、右前に適時打を放つ梅野(撮影・山口登)
3枚

 「阪神-広島」(11日、京セラドーム大阪)

 阪神が4点のビハインドで迎えた六回に反撃した。1死からマルテ、ソラーテが連続で四球を選び、さらに前夜のヒーロー・6番の大山が遊撃への内野安打でつなぎ、満塁のチャンス。ここで梅野が右前適時打を放ち、1点を返した。

 なおも1死満塁で阪神は投手の守屋に糸原を代打で送る。広島ベンチは先発の九里をあきらめて左腕の中村恭にスイッチ。しかし、糸原が三振に倒れると、途中出場の木浪に代って原口の名前がコールされた。

 京セラドームはこの日一番の盛り上がりを見せたが、原口も見逃し三振に倒れて、結局この回は1点止まりに終わった。3点を追う形でゲームは終盤に入った。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス