文字サイズ

ガルシア七回に崩れる…甲子園初白星ならず 6回2/3を5失点で降板

7回途中、DeNA打線に集中打を浴び、険しい表情で降板するガルシア(撮影・高部洋祐)
2枚

 「阪神-DeNA」(23日、甲子園球場)

 阪神先発のオネルキ・ガルシア投手(29)が6回2/3を投げ、5安打5失点で降板。今季5度目の甲子園先発で聖地初白星を手繰り寄せたかったが、終盤に相手打線に流れを持って行かれた。

 立ち上がりはなんとかピンチを脱した。1死から筒香に中前打、ソトに四球で出塁を許した左腕。だが、左腕は冷静にロペスを遊ゴロ、宮崎を中飛に抑えた。

 二回から六回までは無安打投球を続け、勝利への期待も高まる。ただ、2点リードだった七回表につかまった。先頭のソトを四球で出すと、続くロペスに中前打で無死一、二塁。宮崎に右中間への適時二塁打を打たれ、1点差に。なお無死二、三塁となって中井にも右犠飛を打たれ、同点とされた。

 ここで食い止めることができなかった。1死三塁から神里に中前適時打で勝ち越された。細川を中飛に打ちとった所で交代。「ずっと甲子園で勝ちたいと思っている。甲子園のファンの前で勝ちたいね」と意気込んでいただけに、悔しい100球となってしまった。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス