文字サイズ

高橋遥 自身最多10Kも反省 初スライド先発で7回2失点

 力投する高橋遥
3枚

 「阪神4-3ヤクルト」(20日、甲子園球場)

 反省の言葉が口を突く。7回2失点と好投した阪神の高橋遥だが、四回、そして2点を失った六回といずれも2死から連打を浴びたことを悔やむ。

 「先頭を出さないように意識して、それができたのはよかったんですけど。連打されたのが…。そこが強くならないと」

 自身最多となる10三振を奪うなど、序盤からヤクルト打線を圧倒した。それでも「三振の数は意識していない。走者を背負った場面で取らないと意味がないので。(カードの)頭を任されましたが、もっとできたんじゃないかという思いがある」と唇をかんだ。

 雨天中止で初のスライド登板も経験。「いつも通りに試合に入れました。ファンの声援も力になりました」。プロ2年目左腕は最後に笑顔で前を向いた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス