文字サイズ

球児も決壊 今季ワーストタイ6連敗 矢野監督「同じ負け方は俺の責任」

 8回、阿部の勝ち越し2点適時三塁打で沸き上がる中日ベンチを背にガックリと肩を落とす藤川
3枚

 「中日6-4阪神」(17日、豊橋市民球場)

 泥沼から抜け出す気配は一向に見えない…。阪神は11試合連続無失点中だった藤川球児投手(38)が、同点の八回に決勝の中越え2点三塁打を浴び、今季ワーストタイとなる6連敗。頼みのベテランまでも3連投で“決壊”する悪循環に、矢野燿大監督(50)は「同じ負け方をしているのは俺の責任」と敗北を背負った。19日からは本拠地・甲子園でヤクルトと3連戦。猛虎よ、連敗を止めてくれ!

 大黒柱までも崩れた。八回、藤川は決勝点が刻まれたスコアボードを見つめたまま、三本間でぼう然と立ち尽くした。豊橋市民球場を埋めた中日ファンが大騒ぎする中、三塁ベンチは一気に沈黙してしまった。

 暗く長いトンネルの出口が見えてこない。今季ワーストタイの6連敗。借金は4月23日以来の「5」まで膨れあがった。矢野監督のトーンも沈んだままだった。

 「昨日も言ったけど、接戦で競り負けている。(相手の)後ろのいい投手が出た時に、どう1点を取るかとか。それはずっと同じ負け方になっている。それは俺の責任やと思う。どうにかしないと」

 連敗脱出に向けて指揮官は動いた。原口を一塁で起用するためにこの日、岡崎を1軍に昇格させ、捕手4人体制を取った。8番には植田を今季初のスタメンで起用。新打線は序盤から機能した。

 豊橋市民球場は、14年に放送されたドラマ「ルーズヴェルト・ゲーム」の撮影地。逆転に次ぐ逆転で、同作中で「野球の試合で一番面白いスコア」と言われた8-7とまではいかなかったが、二回に同点とされた後、三回に原口の適時打で2点を勝ち越し。1点差に詰め寄られても、直後の五回に4番の適時打で再度、突き放した。

 新打線は6日の広島戦での8点以来となる4点を奪った。しかし、今度はチームを支えてきた投手陣が踏ん張れない。

 先発の望月が5回4失点でKOされ、同点の八回には11試合連続無失点中の藤川が3連投となるマウンドへ。しかし、1死一、二塁から、阿部に中越えの決勝2点三塁打を浴びた。「僕が言う事ではないけど、自分としてはいい勝負をしていきたいし、チームのために投げていきたい」。今季初黒星に責任を口にした右腕に対して、矢野監督は「球児に助けてもらっているから」とかばったが、チームに残ったダメージは計り知れない。

 厳しい状況が続くが、19日からは甲子園に戻ってヤクルト戦。このまま終わるわけにはいかない。本拠地の大歓声を力に変え、奮起するナインの姿が見たい。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス