文字サイズ

先発ガルシア 岡本の打球が右足に直撃 スタンドどよめく

 1回、岡本の打球を足に受ける阪神・ガルシア=甲子園(撮影・高部洋祐)
3枚

 「阪神-巨人」(9日、甲子園球場)

 阪神の先発、オネルキ・ガルシア投手をアクシデントが襲った。初回2死二塁。岡本の足元へのライナーに右足を出し、内側のくるぶし付近に打球が直撃した。

 打球は本塁方向へ転がったが、足を引きずって打球を追えず。打球は捕手・坂本が処理して捕ゴロとして、チェンジとなった後、ガルシアは三塁線付近で膝を突くと、そのまま地面に座り込んで苦悶(くもん)の表情を見せた。試合開始早々のアクシデントにスタンドもどよめいた。

 トレーナーらが駆け寄ると、しばらくして立ち上がり、自力で歩いて一塁ベンチへ戻ったが、表情は痛みでゆがんだままだった。

 二回は福原投手コーチ、トレーナーとともに投球練習のマウンドへ。ジャンプやサイドステップなどをして、無事を強調し、続投した。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス