文字サイズ

4連敗回避のカギは1番・近本 先発はメッセンジャー【スタメン】

試合前の円陣を終え、ベンチに戻る阪神・福留孝介(右手前)=倉敷マスカットスタジアム(撮影・高部洋祐)
3枚

 「交流戦、阪神-楽天」(18日、倉敷マスカットスタジアム)

 引き分けを挟んで3連敗中の阪神は、メッセンジャーが先発する。地方球場での登板はこれまで8戦7勝。倉敷では一昨年から2連勝中と、好相性を背にパ・リーグの首位チームに挑む。「いい形で勝っているのはあるけど、球場どうこうよりもしっかり勝てるように投げるだけ」と意気込んでいる。勝てばNPB通算99勝。100勝に王手を掛けたい。

 同球場では近年、2009年から6連勝。15年の敗戦を挟んで、17、18年と連勝中。開場以降、40試合で25勝14敗、1分けと“貯金11”を誇る相性のよい球場だ。打線は福留がスタメンを外れ、「7番・左翼」に高山、「8番・遊撃」には北條が入る。マルテも「5番・一塁」で3試合ぶりにスタメンに復帰した。

 カギになるのは「1番・中堅」の近本。6月12日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)の2打席目で、右前打を記録して以降4試合、21打席連続無安打中と元気がない。リードオフマンの復調が勝利には欠かせない。

 今季、火曜日は7勝2敗1分けで、4月23日のDeNA戦から1分けを挟んで6連勝中。楽天の先発は塩見。試合開始は18時の予定。スタメンは以下の通り。

 【楽天】

 1番・遊撃 茂木

 2番・左翼 島内

 3番・二塁 浅村

 4番・右翼 ブラッシュ

 5番・一塁 銀次

 6番・三塁 ウィーラー

 7番・中堅 辰己

 8番・捕手 堀内

 9番・投手 塩見

 【阪神】

 1番・中堅 近本

 2番・二塁 糸原

 3番・右翼 糸井

 4番・三塁 大山

 5番・一塁 マルテ

 6番・捕手 梅野

 7番・左翼 高山

 8番・遊撃 北條

 9番・投手 メッセンジャー

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス