文字サイズ

糸原、原口の適時打で七回リード広げる 原口は今季初マルチ

7回、右前適時打を放つ阪神・原口文仁=ヤフオクドーム(撮影・北村雅宏)
6回阪神1死三塁、適時三塁打を放つ阪神・糸原健斗=ヤフオクドーム(撮影・北村雅宏)
4回、阪神・梅野隆太郎(左)の逆転2ランで生還した阪神・原口文仁はナインとタッチを交わす=ヤフオクドーム(撮影・田中太一)
3枚3枚

 「交流戦、阪神-ソフトバンク」(12日、ヤフオクドーム)

 阪神が2点リードの七回、糸原、原口のタイムリーで、さらに2点を追加した。

 この回、先頭の北條が左中間を破る二塁打でチャンスメーク。近本が送りバントでつなぎ、1死三塁を作った。ここでまずは糸原。1ボール2ストライクから4球目、高橋が投じた真ん中高めの150キロに力負けしない。打球が深々と右中間を破ると、糸原も一気に三塁まで進んだ。2試合ぶりの安打で、6試合ぶりの打点をマーク。さらに糸井の死球、大山の遊飛後、2死一、三塁で原口だ。

 復帰後、初のスタメン出場となった原口は、四回に梅野の2ランを導く右前打を放つと、ここでは一、二塁間を破る右前打。今季初のマルチ安打で、矢野監督のスタメン起用に応えた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス