文字サイズ

メッセンジャーが3回を打者9人で抑える快投

力投する阪神 ランディ・メッセンジャー=ヤフオクドーム(撮影・北村雅宏)
2回ソフトバンク2死、ソフトバンク・明石健志(左)を右飛に打ち取り、野手に指示を出す阪神 ランディ・メッセンジャー=ヤフオクドーム(撮影・高部洋祐)
力投する阪神 ランディ・メッセンジャー=ヤフオクドーム(撮影・北村雅宏)
3枚3枚

 「交流戦、ソフトバンク-阪神」(11日、ヤフオクドーム)

 2年連続日本一のソフトバンクに、4年連続でカード負け越しを喫している阪神。先発のマウンドには、日本通算99勝目を狙うメッセンジャーが上がった。

 初回は今宮を四球で出したものの、続くグラシアルを三ゴロで併殺に仕留める上々の立ち上がり。二回もデスパイネ、松田を連続で空振り三振に打ち取るなど三者凡退に抑えた。三回も危なげなく三者凡退に仕留め、3回を打者9人で抑える快調なペースを続けている。

 これまでソフトバンク戦は通算6戦で0勝5敗だが、このまま“タカ斬り”を決めて日本通算100勝に王手をかけられるか。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス