文字サイズ

阪神打線、五回まで0行進 広島・アドゥワにわずか2安打と沈黙

1回阪神2死一塁、一ゴロに倒れ、悔しそうにベンチに戻る阪神・大山悠輔=甲子園(撮影・高部洋祐)
3枚

 「阪神-広島」(19日、甲子園球場)

 阪神打線が、広島先発・アドゥワの前に沈黙している。

 先制を許した初回、1死から2番・糸原が四球で出塁したが後続が凡退して無得点。三回1死まで、無安打に抑えられていたが、1死から9番・秋山が中前打を放ってチーム初安打。2死から糸原の左前打で好機を作ったが、3番・糸井が一ゴロに倒れて無得点に終わった。

 四回は先頭の大山が敵失で出塁したものの、5番・福留が一ゴロ併殺で一気に2死走者無し。スタンドからは虎党たちのため息が漏れた。

 直球とチェンジアップに加え、緩いカーブと緩急を駆使して投球を組み立てるアドゥワの前に各打者が的を絞りきれず、五回までわずか2安打。

 序盤から着実に得点し、効率良く差を広げる広島とは対照的に、攻撃時間も短い猛虎。今後の浮上のためにも、同一カード3連敗だけは絶対に避けなければならない一戦だが、早くも苦境に立たされている。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス