文字サイズ

青柳は6回2失点“坂本勇キラー”健在!勝利投手の権利持って降板

先発し、力投する阪神・青柳晃洋=東京ドーム(撮影・田中太一)
 5回、坂本勇の打球を捕り、一塁へ走る青柳(撮影・棚橋慶太)
 6回を投げ終えて福原コーチ(左)と話す青柳(撮影・堀内翔)
3枚3枚

 「巨人-阪神」(14日、東京ドーム)

 阪神先発の青柳晃洋投手(25)が、6回を7安打2失点で降板した。立ち上がりこそ失点を許したが、その後は落ち着きを取り戻し、先発として試合を作った。代打を送られた七回の攻撃で阪神が逆転に成功したため、勝利投手の権利を持っての降板となった。

 失点を許したのは、初回だけだった。先頭の重信に左中間を破る三塁打を許し、いきなり背負ったピンチ。坂本勇は大山の好捕でアウトを取るも、続く丸&岡本に2者連続の適時打を浴びた。刻まれた重たい「2」失点。それでも気持ちを切り替えた。

 マルテの本塁打で1点差に詰め寄った直後の二回にも、連打を許し1死二、三塁。それでも坂本勇は低めの変化球で空振り三振に斬って取ると、丸を三ゴロに抑えた。さらに五回。2死一、三塁を背負うも、最後は大城を遊ゴロに打ち取った。

 今季の巨人戦は、ここまで6戦全敗。青柳自身も4月3日に対戦し、5回4失点で敗戦投手になっていた。「やり返す気持ちでやっていく」。首位チーム相手に、打たれても打たれても、一歩も引かない強気な投球で、追加点は許さなかった。

 また坂本勇キラーも健在。対戦成績は通算15打数2安打、5奪三振。被打率・133と好相性を誇るが、この日も3打数無安打。開幕から続く36試合連続出塁というセ・リーグ新記録を更新中の好調の相手に立ちはだかった。

 矢野監督から「まずは投手が頑張らないといけない」と託された初戦のマウンド。先制点こそ許したが、相手に流れを渡さない粘投で期待に応えた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス