文字サイズ

令和初の伝統の一戦で東京ドーム通算150勝や 昨季から巨人戦9連敗中

 練習前、笑顔を見せる先発の青柳(右)と矢野監督(撮影・田中太一)
 試合前に談笑する青柳と矢野監督(後方)=撮影・堀内翔
 試合前に円陣を組む阪神投手陣(撮影・堀内翔)
3枚3枚

 「巨人-阪神」(14日、東京ドーム)

 令和最初の伝統の一戦。今季巨人相手に6連敗と屈辱を味わう形で平成を終えた阪神は、ここからの巻き返しを狙う。

 今季ここまで19勝18敗2分けの阪神は、首位巨人と3ゲーム差の3位タイ。貯金1としているが、巨人戦に限れば6戦全敗。昨季から見れば9連敗(1引き分けを挟む)と圧倒されている。この試合勝てば、東京ドーム通算150勝目となる。

 1番から8番までの並びは前戦・12日の中日戦と同じ。巨人戦連敗ストップをかけ、先発するのは青柳。左打者を並べられた前回6日のヤクルト戦(神宮)では、自らの悪送球から崩れ、4回4失点で敗戦投手となった。さらに今季初登板だった4月3日の巨人戦(東京ドーム)でも敗戦投手となっており、何とか雪辱したいところだ。

 巨人の先発はルーキー・高橋。こちらは4月4日の阪神戦(東京ドーム)でプロ初勝利。今季4勝目を狙う。また坂本勇の開幕から37試合連続出塁記録継続なるかにも注目が集まる。スタメンは以下の通り。

 【阪神】

 1番・中堅 近本

 2番・二塁 糸原

 3番・右翼 糸井

 4番・三塁 大山

 5番・左翼 福留

 6番・捕手 梅野

 7番・一塁 マルテ

 8番・遊撃 木浪

 9番・投手 青柳

 【巨人】

 1番・左翼 重信

 2番・遊撃 坂本勇

 3番・中堅 丸

 4番・一塁 岡本

 5番・右翼 亀井

 6番・捕手 大城

 7番・三塁 田中俊

 8番・二塁 山本

 9番・投手 高橋

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス