文字サイズ

阪神・福留が2点適時打 満塁の好機に勝負強さ発揮

1回阪神1死満塁、中前へ同点適時打を放つ阪神・福留孝介=甲子園(撮影・田中太一)
1回阪神1死満塁、阪神・福留孝介は中前に同点適時打を放つ(投手 中日・清水達也、捕手 中日・加藤匠馬)=甲子園(撮影・山口登)
2枚2枚

 「阪神-中日」(12日、甲子園球場)

 阪神が2点を先制された初回の攻撃で、福留が中前に2点適時打を放ち、同点に追い付いた。

 初回、才木の2四球などで2点を先制された直後。1死から糸原が四球で出塁すると、糸井が中前打でつなぐ。さらに大山も四球で歩き、1死満塁を作った。

 ここで打席に福留。フルカウントから7球目、真ん中の直球を中前にはじき返した。二走・糸井も生還し、すぐに試合を振り出しに戻した。

 2戦連続安打の福留は、6試合ぶりの打点をマーク。ベテランの貴重な一振りとなった。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス