文字サイズ

メッセンジャーいきなり3失点 前戦完投星から一転…悔投3敗目

 1回、阿部に適時打を許し3点目を奪われるメッセンジャーと梅野のバッテリー
 1回、3点を先制されたメッセンジャー=甲子園
 1回、高橋の先制打で平田(右)の生還を許すメッセンジャー
3枚3枚

 「阪神1-5中日」(11日、甲子園球場)

 思うように投げ切れない歯がゆさが、もどかしい。イニングを投げ終えるたびに、阪神のメッセンジャーは首をかしげながらゆっくりベンチへ戻った。試合開始早々から漂った劣勢ムード。スタンドから漏れるため息とともに、右腕の表情も曇った。「初回が全てでした」。試合後はサバサバした表情で5回3失点を振り返った。

 初回1死から2番・大島に右翼線への二塁打を浴び、平田の四球で一、二塁のピンチ。4番・ビシエドからは内角高め143キロで空振り三振を奪ったが、続く高橋にフルカウントからカーブを捉えられた。「(球は)そこまで悪くなかった。うまく打たれた」と相手の“勝ち”を認めた。

 なおも2死二塁から阿部に右前適時打を許し、3点目を献上。前回4日のDeNA戦(甲子園)で完投勝利を挙げた勢いから一転、自らの3失点で前夜の快勝ムードに水を差した。二回以降は無失点に抑え、走者を出しても要所を締める投球。「ゲームを作れたとは思う」とうなずいたが、初回の3点が重かった。

 矢野監督は「立ち上がりというのはピッチャーは難しいんでね」と話しつつ「今後もしっかりやってくれると思います」と期待した。チームを勝たせてこそエース。今季3敗目の悔しさは、次戦のマウンドで必ず晴らす。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス