文字サイズ

阪神打線が中日・柳に沈黙…九回に反撃も黒星 メッセの初回3失点が響く

 4回、糸井は空振り三振に倒れる(撮影・山口登)
 4回、大山は空振り三振に倒れる(撮影・山口登)
 5回、矢野監督は代打を告げる(撮影・山口登)
3枚3枚

 「阪神1-5中日」(11日、甲子園球場)

 阪神打線が中日の先発・柳の前に8回を散発5安打12三振無得点と沈黙。九回に1点を返したものの、試合をひっくり返せなかった。

 阪神は先発のメッセンジャーが初回に攻め込まれた。立ち上がりが悔やまれた。1死から二塁打と四球で一、二塁のピンチ。4番・ビシエドを内角高めの直球で見逃し三振に仕留めたが、5番・高橋に中堅への先制2点適時二塁打を許した。さらに続く阿部にも適時打を浴びる。結果的にこの3失点が重い意味を持った。

 阪神打線は柳の変化球を織り交ぜた投球に的を絞れず。三回、四回は9番メッセンジャーから6者連続三振という屈辱も味わった。九回に中日が投手をロドリゲスにスイッチしたところで、福留、梅野が連打。マルテの三ゴロの間に1点を返したが、反撃はここまでだった。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス