文字サイズ

浜地が痛恨の1点を献上 中日・高橋がタイムリー

 8回、浜地は高橋に適時打を許す(撮影・山口登)
1枚拡大

 「阪神-中日」(11日、甲子園球場)

 4番手で八回からマウンドに上がった阪神・浜地が、中日に大きな追加点を許した。

 先頭の2番・大島に左翼線への二塁打を浴びて無死二塁。1死三塁から4番・ビシエドを低めのカーブで空振り三振を奪って2死までこぎつけたが、続く高橋に左翼へのクリーンヒットを許して終盤の大きな1点を与えてしまった。

 先発のメッセンジャーが、5回3失点で降板。後を受けた2番手の守屋が1回2/3、続く能見が1/3を完璧に封じる投球でリズムを作っていたが、中日にリードを広げられてしまった。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス