文字サイズ

阪神打線が五回まで2安打、中日先発・柳に苦戦 

5回阪神2死二・三塁、阪神・近本光司は遊直に倒れる(投手 中日・柳裕也、捕手 中日・加藤匠馬)=甲子園(撮影・山口登)
5回阪神2死一塁、代打 阪神・高山俊は右翼線に二塁打を放つ(投手 中日・柳裕也、捕手 中日・加藤匠馬)=甲子園(撮影・山口登)
 4回、福留は空振り三振に倒れる(撮影・山口登)
3枚3枚

 「阪神-中日」(11日、甲子園球場)

 阪神打線が中日先発・柳の前に苦しんでいる。五回までわずか2安打と抑え込まれている。

 力のある直球に、落差のあるチェンジアップ…。柳の織りなすリズムに、阪神打線が翻弄(ほんろう)された。二回に梅野が左前へ、五回に代打・高山が右翼への二塁打でチャンスを拡大したが、いずれも得点にはつながらなかった。

 また得点圏に走者を進めたのも、五回のみ。梅野が相手のミスで出塁し、2死から代打・高山が二塁打を放つも、最後は近本が遊直に倒れた。三回の9番・メッセンジャーから、四回の5番・福留まで6者連続で三振を喫するなど、柳の快投に苦戦。試合後半での攻略に期待がかかる。

 一方の阪神先発・メッセンジャーは、5回を投げ6安打3失点。終盤には再三ピンチを招くが、なんとか無失点に抑えた。立ち上がりに献上した先制点が重く、五回に打席が回ると、代打が送られた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス