文字サイズ

青柳が6回1/3を3失点 勝ち投手の権利持ち降板 被弾は「詰めの甘さ」

 7回途中、降板を告げられるも充実の表情を見せる青柳(右から2人目)=撮影・高部洋祐
 力投する青柳(撮影・高部洋祐)
 7回、佐野(左)に3ランを浴びた青柳(撮影・高部洋祐)
3枚3枚

 「DeNA-阪神」(23日、横浜スタジアム)

 先発した阪神・青柳晃洋投手が、6回1/3を5安打3失点(自責2)で、自身今季初勝利の権利を手にして降板した。

 中5日でカード初戦を任された中、期待に応えるピッチングを展開した。5回までに4併殺を奪うなど、走者を出しても安定した投球を披露。バットでも2つの犠打を成功させて貢献した。

 七回1死一塁からの宮崎には、遊撃正面へのゴロを打たせて5つ目の併殺かと思われたが、遊撃・木浪がまさかの失策。一、二塁と広がったピンチで、続く佐野に初球をバックスクリーンに運ばれる3ランを許した。ここで、マウンドを2番手の岩崎に譲った。

 悔やまれる形での降板に「味方が早く点を取ってくれたので、自分のペースで投げることができました。要所、要所を併殺でしのぐことができたことは良かったですが、最後のホームランは詰めの甘さが出てしまいました」と振り返ったが、先発として役割をしっかりと果たした。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス