文字サイズ

青柳が五回まで無失点 DeNA打線を“併殺地獄”に

 1回、ロペス(右)を併殺打に仕留める青柳(撮影・中田匡峻)
 1回、ロペスの打球を処理した木浪(左)とタッチを交わす青柳(撮影・中田匡峻)
 6回、犠打を決め、ナインとタッチを交わす青柳(撮影・高部洋祐)
3枚3枚

 「DeNA-阪神」(23日、横浜スタジアム)

 先発した阪神・青柳晃洋投手が、5回までに4つの併殺を奪うなど3安打無失点の力投。打線の援護もあり、自身の今季初勝利の権利を手にした。

 不調のガルシアの登録抹消に伴い、中5日でカード初戦を任された期待に応える投球を展開だ。初回、二回、四回、五回といずれも一塁に走者を置いた中で、併殺で鮮やかに切り抜けて見せた。特に四回と五回は先頭から走者を許した流れだっただけに、傷口を広げることのない価値ある投球となった。

 前回、17日のヤクルト戦(神宮)では、白星こそ付かなかったものの、7回無失点と好投。その状態をキープし、DeNA打線を「併殺地獄」に陥れた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス