文字サイズ

右腕打撲のメッセンジャー 投球再開は「しっかり治してから」

 右前腕の打撲で出場選手登録を抹消された阪神のランディ・メッセンジャー投手が23日、西宮市の鳴尾浜でリハビリメニューを行い調整した。負傷後、初めて報道陣に対応した右腕は「だいぶ、腫れは引いてきています」と患部の状態を説明した。

 メッセンジャーは19日の巨人戦で右前腕に打球を受けて負傷。翌20日に登録を抹消されていた。現在はブルペン投球を控えている状況で、投球練習再開時期について「腕なんでしっかり治してから」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス