文字サイズ

NPBに意見書を提出 21日・巨人戦の判定を巡り

 木浪のトスが二塁でセーフとなり、一塁へ悪送球し先制を許す糸原。走者はビヤヌエバ=21日
1枚拡大

 阪神は22日、日本野球機構(NPB)に意見書を提出した。

 見解を求めたのは21日の巨人(6)戦(甲子園)の四回の守りでの判定。無死一塁で一走・ビヤヌエバが二塁にスライディングした後、立ち上がり手を広げて二塁・糸原の一塁への送球を妨害したように見えた場面と、その送球がボールデッドとなり、ビヤヌエバが本塁に生還した場面。杵渕セ・リーグ統括は、意見書を受け取ったことを明かしたうえで「対応は明日になる」と話すにとどめた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス