文字サイズ

大山が右膝に死球…うずくまるも立ち上がって出場続行

4回阪神1死一塁、右足に死球を受ける阪神・大山悠輔=甲子園(撮影・田中太一)
1枚拡大

 「阪神-巨人」(21日、甲子園球場)

 阪神の大山悠輔内野手(24)が四回、右膝付近に死球を受けた。

 1点を追う四回だった。1死一塁でこの日の第2打席を迎えると、その2球目だった。136キロの直球が、左膝を直撃した。大山はその場でうずくまると、トレーナーがすぐさま駆けつけ、矢野監督もベンチを飛び出す非常事態になった。大観衆からは「がんばれ、がんばれ、大山」と大きな声援が飛び、しばらくして自分の足でゆっくりと一塁へ向かった大山。大きな拍手が送られ、直後の守備にも就いた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス