文字サイズ

木浪、好守備&安打 前日は菅野からプロ初アーチ

1回、体勢を崩しながら二塁へ送球する木浪(撮影・北村雅宏)
1回、丸の打球を押さえた木浪は倒れながら二塁へ送球し、一塁走者・坂本を封殺する(撮影・坂部計介)
3回阪神無死、阪神・木浪聖也は右前打を放つ(投手 巨人テイラー・ユングマン、捕手 巨人・炭谷銀仁朗)=甲子園(撮影・山口登)
3枚3枚

 「阪神0-2巨人」(20日、甲子園球場)

 ドラフト3位の木浪聖也内野手=ホンダ=が好守&ヒットで魅せた。

 「8番・遊撃」で2試合ぶりのスタメンとなったこの日は、一回無死一塁から丸の強烈なゴロを好捕して二塁封殺。バットでは三回の先頭打席で右前打を放ち「守備からリズムを作ろうと集中して守っていました」。

 19日には菅野からプロ初本塁打となる1号3ランを放ち、大敗の中で一人気を吐いたばかり。次戦は勝利に結びつくプレーを見せる。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス