文字サイズ

青柳の今季初勝利消滅…阪神リリーフ陣が四死球で崩れる バレンティン同点2点打

 8回、同点を許し、うなだれる阪神・ジョンソン(中央)
3枚

 「ヤクルト-阪神」(17日、神宮球場)

 阪神のリリーフ陣が八回につかまり、7回無失点と好投した先発・青柳の今季初勝利を消してしまった。

 2-0で登板した2番手・能見は先頭の代打・荒木を三ゴロに打ち取ったものの、続く代打・大引、さらに2番・青木に連続四球を出してしまう。

 矢野監督はここで右腕のジョンソンにスイッチ。すると、初球の変化球が抜けて頭部をかすめる死球になってしまった。

 危険球の判定はされなかったものの、1死満塁の大ピンチに。4番・バレンティンに初球を左前に運ばれ、2者が生還。青柳の今季初白星が消えた。

 ジョンソンは続く雄平、西浦は連続三振に打ち取ったものの、結果として継投が裏目に出た。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス