文字サイズ

西勇輝、プロ11年目で初打点 四回、2点タイムリー

4回阪神1死二・三塁、阪神・西勇輝は左前に適時打を放つ(捕手 中日・加藤匠馬)=甲子園(撮影・山口登)
4回阪神1死二、三塁、左前に2点適時打を放つ阪神・西勇輝=甲子園(撮影・北村雅宏)
2枚2枚

 「阪神-中日」(14日、甲子園球場)

 阪神先発の西勇輝投手が四回に2点適時打を放ち、11年目でプロ初打点をマークした。

 1点を先行されていたが四回に福留の適時打で同点とすると、梅野が勝ち越し適時打、木浪も適時打と試合をひっくり返した。

 ここで打順は9番の西にまわってきたが、左前へ2点適時打。09年から18年まで所属したパ・リーグのオリックスでは打点はなく、今季初安打が初タイムリー、初打点となった。

 指名打者制がとられているパ・リーグは交流戦以外は投手が打席に立つ機会はほぼない。昨年までの通算打席数は34で、2安打を放っていた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス