文字サイズ

阪神・岩貞、満塁被弾を含む5回13安打6失点の炎上「申し訳ないです」

4回中日無死満塁、阪神・岩貞祐太は中日・京田陽太に満塁本塁を許す=甲子園(撮影・山口登)
4回中日無死満塁、中日・京田陽太に満塁弾を浴びうつむく阪神・岩貞祐太=甲子園(撮影・高部洋祐)
4回中日無死満塁、阪神・岩貞祐太は中日・京田陽太に満塁本塁を許す=甲子園(撮影・山口登)
3枚3枚

 「阪神-中日」(13日、甲子園球場)

 先発の岩貞祐太投手(27)が5回13安打6失点の炎上。無念のKOとなった。

 初回、簡単に2死を奪ったが3番・福田に四球を与え、4番・ビシエドを迎えた。1ボールからの2球目、142キロ直球が真ん中に入った。強烈な打球は中堅・近本の頭上を越え、先制の適時二塁打。12日の試合では2打席連続本塁打と大活躍だった相手の主砲に、いきなり手痛い痛打を浴びた。

 二回は1死から連打を浴びて、一、二塁と再びピンチを招いた左腕。2死までこぎつけたものの、1番・京田に一、二塁間を破られ、右前適時打で2点目を献上した。四回無死一、二塁で打席には投手の柳。バントを警戒したシフトを敷き、カウント1-2から柳はスリーバントを敢行した。しかしマウンド左に転がった打球を岩貞が追いつけず、結果的に内野安打となり、無死満塁のピンチを招いた。

 ここで二回に適時打を放っている1番・京田。その初球だった。甘く入ったスライダーを捉えられると、打球は無情にも虎党で埋め尽くされた右翼スタンドへ突き刺さるグランドスラム。痛恨の一発を浴び、一挙4失点で試合の流れを完全に相手へと引き渡してしまった。岩貞が満塁弾を浴びるのは、16年7月3日の中日戦(ナゴヤドーム)以来、3年ぶり4本目。

 連敗を一日でも早く止めたい猛虎だが、五回までに中日打線に13安打を浴びる苦しい展開。岩貞が2桁被安打を許すのは、プロ6年目、79試合目の登板で初めてで、試合は中日ペースで進んでいる。

 降板後に左腕は球団広報を通じ「序盤から制球が定まらず、ピンチの場面で失投を打たれてしまいました。チームに申し訳ないです」とコメントした。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス