文字サイズ

阪神・大山 OP戦4号で開幕に弾み「自分のスイングをしようと」

2回、先制ソロを放った阪神・大山悠輔はベンチ前でナインとタッチを交わす=京セラドーム大阪(撮影・田中太一)
2回、先制となるソロを放つ阪神・大山悠輔=京セラドーム(撮影・北村雅宏)
1回、先制ソロを放ち、阪神・筒井壮コーチ(左)とタッチを交わす阪神・大山悠輔=京セラドーム(撮影・北村雅宏)
3枚3枚

 「オープン戦、オリックス-阪神」(24日、京セラドーム)

 阪神の大山悠輔内野手(24)が、先制のソロアーチを放った。

 先頭で迎えた二回。カウント3-1からの5球目だった。真ん中に甘く入った直球にフルスイングで反応。虎党の詰めかけた左翼席に勢いよく運んだ。これでオープン戦第4号。開幕の地・京セラドームに“開幕デモ”弾を放り込んだ。

 オリックスとの3連戦では、快音がなかった。11打席安打なし。「ここ数試合、自分のスイングができていなかったので、自分のスイングをしようと心掛けて打席に入りました。その結果がホームランになってよかった」とコメントした。それでも全試合4番起用となったこの日、首脳陣からの期待に応える一発で試合を動かした。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス