文字サイズ

岩貞6回3失点も価値がある粘り 失点直後の六回を抑え、矢野監督高評価

 「オープン戦、阪神2-4オリックス」(23日、京セラドーム大阪)

 味方のミスから招いたピンチだからこそ、抑えたかった。先発の阪神・岩貞は6回6安打1四球で3失点(自責1)。「自分で作ったピンチ以上に粘らないといけなかった」と左腕は悔しさをにじませる。

 1点ビハインドの五回、2死から三塁・糸原の悪送球から2死満塁のピンチを招き、2点適時打を許した。それでも続く六回を3人で抑えたことに、矢野監督は「すごく価値がある。アイツ自身も次の登板に影響するから」と評価する。

 内容的にも序盤から最速144キロの直球にチェンジアップ、カーブなど緩急を駆使した。緩い球を意識させて直球でファウルを打たせる理想の投球術。投球間隔についても「投球以外でも抑えるすべはある」と工夫を凝らした。左の柱として、開幕第2戦へ向かう。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス