文字サイズ

阪神、オリックスと開幕投手対決 DHも用いずシーズンモード突入

阪神の先発オーダー=京セラドーム(撮影・高部洋祐)
試合前、円陣を組む阪神ナイン=京セラドーム(撮影・北村雅宏)
2枚2枚

 「オープン戦、オリックス-阪神」(22日、京セラドーム大阪)

 1週間後にシーズン開幕を控えているとあって、両軍開幕投手に指名されているエース同士が激突する。

 阪神先発のメッセンジャーは、毎週金曜日に2軍戦で登板し、調整を続けてきた。満を持して1軍戦へと臨むが、21日の残留練習には「開幕に向けていい練習というか、ゲームだと思う」と意気込んでいた。“快”幕デモとなる好投を誓った。

 また打線は大きな変更点はなし。今季初めてDH制度を利用せず、シーズン本番さながらのオーダーを組んだ。開幕まで残り3試合。開幕戦を行う京セラドームで、勝って最終調整といきたいところだ。

 スタメンは以下の通り。

 【阪神】

 1番・遊撃 木浪

 2番・中堅 近本

 3番・右翼 糸井

 4番・三塁 大山

 5番・左翼 福留

 6番・一塁 ナバーロ

 7番・二塁 糸原

 8番・捕手 梅野

 9番・投手 メッセンジャー

 【オリックス】

 1番・二塁 福田

 2番・中堅 西浦

 3番・DH メネセス

 4番・左翼 吉田正

 5番・三塁 頓宮

 6番・右翼 小田

 7番・一塁 マレーロ

 8番・捕手 若月

 9番・遊撃 安達

    投手 山岡

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス