文字サイズ

ドラ3木浪17安打 9戦連続打!OP戦虎新人最多タイ

 1回、右前打を放つ木浪(撮影・高部洋祐)
1枚拡大

 「オープン戦、ヤクルト1-10阪神」(20日、神宮球場)

 これぞ1番の仕事だった。追い込まれても、ファウルで粘って好球を打ち返す。9試合連続で「H」ランプをともした阪神のドラフト3位・木浪(ホンダ)。オープン戦の安打数を17とし、16年に高山がマークした球団新人最多安打記録に並んだ。

 初回、星が投じたカウント2-2からの6球目、真ん中付近へ甘く入ってきた143キロ直球を捉えた。鋭い打球は右前へ。「1番として初回に出られたのは、本当によかった」。虎の安打製造機が流れを呼び込み、この回3本塁打5得点の猛攻を生み出した。

 与えられたチャンスの中で、打率・405と持ち味の打力を発揮し続けている。好調な打撃を維持するために徹底しているのが準備だ。「ルーティンのようなもの。流れを変えたくないので」。数種類のティー打撃をこなし、打撃ケージへ向かう。1人目の打撃投手はマスコットバットで、2人目からは試合で使用する白木のバットを握り調整する。

 まだまだ反省点もある。2打席目以降は、四球と3打席連続三振。矢野監督は「1日1本ではレギュラーになりにくいところだと思う」と鳥谷、北條らとの激しい内野手争いを制するためにもさらなる高みを求めた。

 結果が必要なのは木浪も分かっている。「やることをやるだけ」。目標の開幕スタメンへ。安打記録更新をバネとする。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス