文字サイズ

岩貞は5回無失点 無四球2安打「リズム良く投げられた」開幕ローテへ順調

1回西武2死、西武・秋山翔吾(左)を中飛に打ち取る阪神・岩貞祐太=甲子園(撮影・高部洋祐)
好投する阪神先発の岩貞祐太=甲子園(撮影・持木克友)
2枚2枚

 「オープン戦、阪神-西武」(16日、甲子園球場)

 開幕ローテ入りを確定させている阪神の岩貞祐太投手(27)が先発し、5回2安打無失点と、開幕に向けて順調な仕上がりを披露した。

 西武の強力打線と対峙(たいじ)した左腕は、直球でファウルを打たせ、スライダーやチェンジアップを駆使しながら無四球で3三振を奪い、得点を与えなかった。「(捕手の)坂本がテンポ良くリードしてくれてリズム良く投げられた」とうなずいた。

 順当なら開幕カードの2戦目、3月30日のヤクルト戦(京セラドーム)がシーズン初登板。次回登板がシーズン前最後の登板になる見込み。開幕を万全の状態で迎えるべく、調整を続けていく。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス