文字サイズ

岩貞、グッチのために絶対上位争い 「僕たちの使命。原口が燃えるような位置に」

 キャッチボールする岩貞
1枚拡大

 開幕ローテ入りを当確させている阪神・岩貞祐太投手(27)が16日の西武戦(甲子園)に先発する。大腸がんからの復活を目指してリハビリに励む原口文仁捕手(27)と同い年の左腕は15日、チームが上位の状態で、同級生の復帰を迎えることに意気込んだ。

 1軍舞台への返り咲きを目指す背番号94。岩貞は「必死にリハビリをしている姿を知っている。(原口が)戻ってきた時に、チームがいい状態にあることが僕たちの使命。原口が燃えるような立ち位置にいたい」とシーズンでの上位争いを誓った。

 そのためには自身の快投が必要不可欠となる。「好不調の波をどれだけ抑えるか。悪い時でもいかに抑えるかが鍵」と今季のテーマを掲げた。前回登板した日本ハム戦(甲子園)では4回2安打無失点と好投。西武戦へ向けて「真っすぐでファウルを取ることはシーズンでも武器になるので、継続していきたい」と意気込んだ。同級生への思いを原動力に変え、腕を振り続けていく。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス