文字サイズ

阪神・青柳 開幕ローテ入りへ前進 5回4安打1失点7奪三振の好投

中日打線を相手に力投する先発の阪神・青柳晃洋=ナゴヤドーム(撮影・田中太一)
1枚拡大

 「オープン戦、中日-阪神」(13日、ナゴヤスタジアム)

 先発の青柳が5回4安打7三振1失点に抑える好投で、開幕ローテ入りへ前進した。

 初回、先頭の平田をカウント1-2から外角スライダーで空振り三振を奪うと、続く京田を一ゴロ、3番・大島もカウント1-2からスライダーでバットの空を切らせる上々の立ち上がり。

 二回はビシエド、アルモンテと対峙(たいじ)したが三者凡退に。三回2死から9番・亀沢が放ったボテボテの打球は内野安打となり、不運な形で初安打を許したが、1番・平田を投ゴロ。試合序盤の3回は、ほぼ完璧な投球内容。味方が先制した四回裏に、アルモンテに左前適時打を浴びて1点を献上したが最少失点で切り抜け、五回は全てのアウトを三振で奪う快投を披露した。

 登板後、青柳は「真っすぐ、ツーシームとも、ある程度コントロールできて、スライダー、ツーシームが有効に使えた」と納得顔。文句なしの結果をマウンドで見せつけた変則右腕が、開幕ローテ入りへ大きく近づいた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス