文字サイズ

やっと白星 OP戦8試合目で初勝利 藤浪は2暴投4四死球制球苦しむ

2回阪神無死一、三塁、右前へ適時打を放つ阪神・高山俊=ナゴヤドーム(撮影・田中太一)
2回阪神無死一、三塁、高山の適時打で生還しナインとタッチを交わす阪神・福留(左端)=ナゴヤドーム(撮影・立川洋一郎)
2枚2枚

 「オープン戦、中日4-5阪神」(12日、ナゴヤドーム)

 阪神が中日に競り勝ち、オープン戦8試合目にして、ようやく初勝利を挙げた。

 試合はここまで沈黙していた打線が12安打と奮起した。二回、福留が左中間を破る二塁打で口火を切ると、木浪の一塁内野安打後、昇格したばかりの高山が右前適時打を放ち、先制点を奪った。

 さらに四回にも福留、木浪、高山の3連打で1点を追加。高山は2安打2打点で、開幕センター争いに待ったを掛けた。四回には1死二、三塁から木浪が右前適時打。この日、初めてショートでスタメン出場したルーキーは、3安打2打点と上々の結果を残した。鳥谷、北條の一騎打ちと目された開幕ショート争いで、ここにきて木浪の存在感が際立ってきた。

 先発は藤浪。4回を投げて無安打1失点に抑えた一方、4四死球、2暴投など本人も「自分自身にガッカリ」と振り返ったほどの投球。直球の制球に苦しみ、後半は大半をカットボールに頼るなどで、「自分の中でピッチングとして、いっぱいいっぱいでした。最後までハマらなかった」と振り返った。開幕ローテを争う中、課題を残す内容となった。

 それでも藤浪以降、島本、守屋、飯田とつなぎ、リードを守った。オープン戦開幕から、12球団で唯一勝利がなかった中、ようやく手にした勝利。シーズン開幕に向けて、浮上の1勝にしたいところだ。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス