文字サイズ

阪神電鉄が甲子園95周年事業を発表 球場に装飾、記念グッズ発売など

 甲子園球場
1枚拡大

 阪神電鉄は18日、本拠地甲子園球場の誕生95周年を迎え、「95周年記念事業」の概要を発表した。

 大きく6項目に分かれている。

 (1)95周年記念ロゴの制作。95年分の感謝の気持ちと、100周年に向けて歴史と魅力を発信し続けるという思いを込めている。

 (2)球場外周の装飾。特別仕様のオブジェで装飾し、95周年を彩るという。また、4・5号門、11号門の入場扉、球場正面の対戦カード看板にはそれぞれロゴプレートを設置する。

 (3)95周年記念限定グッズ(第1弾)の発売。3回に分けて発売する予定で、18日からは第1弾としてボールペン、Tシャツ、フェイスタオル、デカ缶バッチ、アクリルキーホルダー、ラバーキーホルダー、クリアファイルの7種を販売する。いずれも数量限定でなくなり次第、販売終了。

 (4)95周年記念サイトをオープン。特設サイト(http://www.hanshin.co.jp/koshien/95th/)では、商品、キャンペーン、イベントなどの情報を発信していく。また、決められたハッシュタグを付けてSNSで投稿すると、写真と投稿内容が掲載されるページを、3月中旬をメドに解説する予定。

 (5)甲子園球場95周年リツイートキャンペーン。公式Twitterツイートを期間中にリツイート、またはフォローした方の中から抽選で95人に、「記念フェイスタオル」がプレゼントされる。

 (6)95周年事業連動企画 第1弾。今月31日から4月7日までで企画展「センバツ特集2019~平成のセンバツ特集~」において、歴史年表や写真で紹介するパネルを企画展示コーナー内に設置する。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス