文字サイズ

北條、燕・山田哲らと恒例自主トレ「うまくなるためどんどん聞く」

ランニングする阪神・北條史也(右端)=坊っちゃんスタジアム(撮影・北村雅宏)
ゴロをさばく阪神・北條史也=坊っちゃんスタジアム(撮影・北村雅宏)
ウオーミングアップする阪神・北條史也(左端)=坊っちゃんスタジアム(撮影・北村雅宏)
3枚3枚

 阪神の北條史也内野手(24)が10日、愛媛県松山市内の坊っちゃんスタジアムで自主トレを公開。ヤクルト・山田哲らと4年連続の合同自主トレがスタートした。

 午前中から休むことなく動き続けた。まずは約1時間のランニングメニュー。すると息つく間もなく、場所を室内練習場に変え、守備練習や打撃練習に汗を流した。「いろいろな先輩がいるので、うまくなるためにどんどん聞いていきたいと思う」。充実感に、感謝の思いもあふれた。

 昨季はケガで62試合の出場に終わった北條。毎オフ恒例になりつつある松山での合同自主トレだったが、リハビリ経過から昨年末まで参加できるかどうかも未定だった。「短い時間だけど、ここではきつい練習ができるので」。強い思いが実った自主トレ“開幕”。7年目の飛躍へ、表情を引き締めた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス