文字サイズ

清水ヘッドコーチ、石崎に強烈ハッパ「オマエ何やってんだ!」

 石崎(左手前)に声をかける清水コーチ
1枚拡大

 強烈なハッパをかけた。阪神・清水雅治ヘッドコーチ(54)が8日、施設見学などを目的に鳴尾浜球場を初視察した。昨年6月に右肘のクリーニング手術を受けた影響で、昨シーズンは前半戦12試合の登板に終わった石崎と“再会”。いきなり「オマエ何やってんだ!」と声を掛けた。

 石崎は17年11月の第1回アジアプロ野球チャンピオンシップに、侍ジャパンのメンバーとして阪神から唯一、招集された。清水ヘッドとは日本代表のコーチ、選手の間柄だった。「今年は大丈夫です!!」と力強く復活を宣言した右腕に、「ジャパンの同じユニホームを着ていたわけだしね。頑張ってほしい」と目を細めた。

 午後のスタッフ会議後には、「メニューなどは、まだまだこれから」としながらも、「とにかく選手がやりやすい環境を作っていきたい」と表情を引き締めていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス