文字サイズ

飯田は100万減 シーズン途中移籍も登板1試合「悔しい1年」

契約更改交渉を終え、会見する阪神・飯田優也=阪神球団事務所(撮影・高部洋祐)
3枚

 阪神の飯田優也投手(27)が26日、兵庫・西宮市内の球団事務所で契約更改に臨み、今季年俸2000万円から、100万減の年俸1900万円でサインした。(金額は推定)

 シーズン途中の7月末にソフトバンクからトレード移籍した左腕。8月26日の巨人戦(東京D)で移籍後初先発のチャンスをつかんだが、3回5安打4失点と結果を残せず、今季の阪神での登板はこの1試合のみにとどまった。

 会見で「何もできなかったシーズン。登板数もそうだし、悔しい1年でした」と飯田は唇をかむ。タテジマ2年目を迎える来期に向けて目標を聞かれると「(年間)50、60試合は投げたい。勝負を懸けて頑張りたい」と口元を強く結んだ。(金額は推定)

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス