文字サイズ

ファン感、糸原がフレッシュ大賞受賞 賞金1000万円ゲット「最高です」

 2018年度フレッシュ大賞を獲得し、ボードを掲げる阪神・糸原健斗=甲子園
 チームを組んだ(左から)阪神・糸原健斗、福留孝介=甲子園
ファン感謝デーのオープニング=甲子園(撮影・田中太一)
3枚3枚

 阪神タイガースの「ファン感謝デー2018」が23日正午から開催され、表彰式で阪神の糸原健斗内野手(26)が「フレッシュ大賞」を受賞。矢野燿大監督(49)から賞金1000万円を受賞した。

 今季はチーム唯一の全試合出場を果たし、セ・リーグの監督推薦選手としてオールスターゲームにも初選出されるなど、飛躍を遂げた糸原。「ケガなく、1年間通して戦えた」と今季を振り返り、1000万円という豪華賞金には「最高です!」と声を張り上げた。気になる使い道を尋ねられた背番号33は「両親にあげます」と力強くうなずいていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス