文字サイズ

守屋&尾中、光投 矢野監督うなる! リリーフ候補や

 シート打撃で力のこもったボールを投げる尾仲
 シート打撃で大山(手前)を打ち取る守屋
2枚2枚

 「阪神秋季キャンプ」(6日、安芸)

 頼もしい若手右腕の登場だ。シート打撃に登板した守屋功輝投手(24)と、尾仲祐哉投手(23)が好投を見せ、矢野監督をうならせた。

 まずは守屋だ。2人目の打者、原口を迎えると、4球目の144キロ直球で空振り三振。続く江越と糸原を凡打に打ち取り、高山も空振り三振に仕留めた。「左バッターにインコースで追い込んで、外角で三振を取れたというのは、攻め方として使えると思いました」と手応えを口にした。

 圧巻は6人目の大山を迎えた場面だ。カウント3-1からインハイの真っすぐでファウルを打たせると、フルカウントからの6球目。146キロの直球でバットを折らせ、三ゴロに料理した。打者7人を無安打3三振に抑える完璧投球に、矢野監督は「首を振って自分で考えて、カウントが難しいところでインサイドに、味方相手に行けたというのはすごいなというか。一番光っていたじゃん」と際立つ存在感に舌を巻いた。

 尾仲も打者8人に2安打3三振。ベテランがブルペンを支えた今季だが、若手投手の台頭はチームに好影響をもたらす。「活性化はするし」と指揮官。鉄壁ブルペンの再建へ、新たなピースが加わりそうな予感だ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス